郵送なの?それとも持ち込み?

郵送する方法がおすすめされている

iPhoneを修理に出す方法としては郵送(配送)または店舗への持ち込みのどちらでも対応してもらえるのですが、公式でおすすめされているのは郵送による方法です。こちらを利用すれば近くに修理してくれる店舗がなくても業者が取りに来てくれますし、自宅から持ち運ぶ必要がないので再度破損してしまうリスクが少ないところがおすすめされている理由だとされています。
郵送による修理をお願いする場合には事前にOSのバックアップなどを自分たちで取っておくなどの前準備が必要になりますが、それ以外は修理の申し込みで郵送を選択していれば業者が取りに来るまで自分たちがしておくことはありません。郵送した後は、数日後には手元にiPhoneが配送されてきます。

image

持ち込みでの修理をお願いした場合


公式でおすすめされているのは郵送による方法なのですが、すぐにでも修理してほしいという場合や最寄に修理をしてくれる店舗があるのであれば持ち込みでも可能です。
こちらの場合も事前にバックアップを取っておくなどの準備が必要で、持ち込む際に再度破損しないように注意しておかなければいけません。また持ち込むのは携帯ショップではなく修理を請け負っている店舗なので、事前に近くに修理に対応してくれる店舗があるかどうか検索しておくのがおすすめです。
持ち込んだ後は破損内容によってはすぐに修理してもらえますし、ほとんどのケースで郵送する方法よりも早く修理が終わってiPhoneが手元に戻る可能性が高いところがメリットだとされています。